住宅ローン金利安い

銀行や信用金庫からの融資

消費者金融やクレジット会社からのキャッシングの金利は、賃金業法の下で算出されていますので、それなりに金利が高くついてしまいます。その為総量規制により、年収の3分の1までの融資しか受けられないと法律で決められています。一方、銀行や信用金庫から融資を受ける住宅ローンは、消費者金融会社やクレジット会社から融資を受けるよりも、住宅ローン金利安いと言えます。また、総量規制の対象にもなりませんので、年収の3分の1以上の金額でも借り入れする事が出来ます。

銀行などは、銀行業法の物で、金利が算出されていますので、消費者金融会社やクレジット会社などの金融業者に比べ金利が安く、大きい融資額を受ける事が出来るのです。しかし、借入時の審査は、消費者金融会社やクレジット会社などの金融機関よりも厳しいですので、なかなか融資受けられない人もいます。やはり、大きい融資額を貸付するという事ですので、個人信用が保証されていなければ、銀行側も簡単に融資をしてくれるとは限りません。過去に、キャッシングやローンの返済に滞りがあったり、クレジットカードを必要以上に複数枚所持していたり、職業が安定せず、また収入も不安定の場合は貸し付けを行ってくれない場合もあります。

そのため、普段の返済に滞りがなく、安定した収入が見込める人が審査を通過しやすいと言えます。他には、現在返済している借金等がない事など条件に挙げられます。車のローンなどで、現在も返済をしている場合は、本審査を受ける前に全額返済を要求される場合がありあます。住宅購入に充てる融資額は、かなり高額な金額となるため、今後の返済状況がスムーズに進められるように、身の回りの整理をきちんとさせられるのです。銀行側も買えしてくれない人にはお金を貸す事は出来ません。確実に返済をしてくれる人でなければ融資をしないのは当然です。住宅ローンは、連帯保証人を必要としない事もあります。

その代わり、住宅を担保に入れ、保証協会に保証を委託するという方法となります。融資を受ける金融機関でも異なりますが、3カ月以上滞納してしまうと銀行から通知が来ますので、通知に従い返済を行う事が出来れば問題ありませんが、通知を無視してしまうと、すぐ様保証協会に住宅権が移行することになりますので、注意が必要です。せっかくハウスメーカーの担当者とあれこれ考えて購入出来た家ですから、住宅ローンを返済し、そして完済することが家を大切にしているという事にもつながります。

あなたが住宅ローンの借り入れを検討中なら金利が気になりますよね。特にアベノミクスにより今後インフレ傾向になっていくのは必至です。こちらのサイトをチェックして、今後の住宅ローン金利動向を注視しましょう。

またあなたが一番安い低金利・最安値の金利で住宅ローンを借りたいというのであればこちらのサイトが役立つはずです。私も住宅ローンを借りる時にこちらのサイトを参考にしました。住宅ローンの金利に関してはピカイチのサイトです。

関係サイト

住宅ローン金利安い銀行は?変動・固定比較【低金利ランキング】
住宅ローン金利の安い銀行を比較して一番お得な商品をご案内します。金利比較の他、諸費用やサービス内容の比較もどうぞ。
www.jyutakukinriyasuiranking.com/

(C) 2011 どこ行く?住宅ローン金利安い会社