どこ行く?住宅ローン金利安い会社

事故情報とブラックリスト

よく、ローンなどを利用する際に耳にする、事故情報とブラックリストというものがありますが、これは、個人信用情報機関というところで、 リストを管理しているようなのですが、ある一定期間支払いが延滞した場合は、通常の支払い延滞とは別に情報が登録されてしまいます。
この特別な情報は、移動情報、事故情報、延滞情報とよばれ、ブラック情報として管理されてしまいます。

ここに載ってしまうと、ひとつの金融機関からの情報であったとしても、すべての金融機関に情報が流れてしまうのです。
ですから、延滞には充分に気をつける必要があります。
一度ブラックリストに載ってしまうと、いろんなところで、その情報が流れてしまいますので、事故情報が登録されてしまうと、最低5年間は消えないということも言われています。

したがって、この情報が残っている限り、クレジットカードからの融資も受けられず、他の金融機関からも融資は受けられなくなってしまいますので、充分に気をつけなければいけません。
事故後に延滞金を支払って、全部返してしまうことを延滞解消と言いますが、延滞を解消したあとも、それ以前に延滞をしたという事実は記録として残ってしまいます。
また、自己破産や、民事再生手続きなどを受けた場合でも、7年間消えず、消費者金融などでは、自己破産を重くみるということがあるので10年間消えないということがあります。

ブラックリストに載ると住宅ローンももちろん借りられません

三菱東京UFJ銀行住宅ローン!審査厳しい?【借り換えも人気】
三菱東京UFJ銀行の住宅ローンについて検証してご紹介しています。今選んでいる住宅ローンで本当に大丈夫ですか?三菱東京UFJ銀行住宅ローンは対面サービスとネットサービスのバランスが良く、低金利で保証も安心です。
www.bank-homeloan-shinsa.com/

(C) 2011 どこ行く?住宅ローン金利安い会社