どこ行く?住宅ローン金利安い会社

教育支援資金とは

教育支援資金とはなにかというと、世帯所得が少ない場合、その家族の生活が安定するよう、また経済的な自立を目的として、教育資金の貸し付けをするといったものです。
少し条件があるので、まずは、それらを参考にして、適用になるかどうかを確認してみましょう。

まず、一定の収入以下であること、次に民生委員による世帯全員との面接が必要であるということ、利用目的に沿った資金がないと、貸し付けはできないということ、 もうすでに支払いが終わっている入学金や、学費などは対象にならないことなどがあります。原則として、世帯の生計を担っている人が連帯借受人になります。

教育支援資金は、そういう性質かというと、生活福祉資金のなかのいち資金なので、修学する本人が、この資金の借受人になるということになります。
そこで、世帯の中で、生計の中心となる人が、連帯借受人になります。修学したあと、卒業してからそこで、返済が開始となります。
つまり、奨学金制度と似ているようなプロセスをとります。月額の上限もありますが、高校だと、35,000円、専門学校や短大、専修大だと60,000円、大学は65,000円になります。
また、修学支度費用については、500,000円以内で貸し付けが可能です。申し込みの時期は、年間を通じて、いつでも申し込みが可能です。

(C) 2011 どこ行く?住宅ローン金利安い会社